2023年06月08日

ことばと声のマリアージュ

ことばと声のマリアージュ

【出演】
ソプラノ 渡邊史 Aya WATANABE - Soprano
ピアノ 谷合千文 Chifumi TANIAI - Pianist

【会場】名曲喫茶カデンツァ
http://cadenza-music.jp/access.html

【プログラム】
夢路より/故郷を離るる歌/恋はやさし野辺の花/埴生の宿/
(以下、歌唱訳詞 渡邊史)
グリーンスリーブス/ダニーボーイ/ウィーン礼賛/
シュトルツ作曲 オペレッタ《絹をまとうヴィーナス》より
  喜びも哀しみもお前のヴァイオリンともに ほか

「渡邊史 研究発表!?」と題して、関西の教育系大学で教鞭を取るソプラノ渡邊史のトークと演奏をお楽しみいただきました。プログラムは、優れた日本語訳詞により長く親しまれてきたヨーロッパやアメリカ発祥の曲に加え、渡邊史の新歌唱訳詞発表も。お客様の手元には「レジュメ」が配布されて授業さながら、日本の音楽教育の変遷と歌唱訳詞(作詞)にまつわるレクチャーを聞き、解答を埋めていく楽しみも!そしてピアノの谷合千文は、耳慣れたメロディに添えられた技巧的な編曲を弾きこなし、日本語の歌詞で直接感じる曲の世界に厚みを与えてくれました。6月のお誕生日・結婚記念日のお客様もお祝いし、楽しみながら知識欲も満たされる午後のひと時でした。ご来場の皆様、誠にありがとうございました。

【演奏内容の参考リンク】
滋賀大学教育実践研究論集, 第5号
『オリジナル「歌唱訳詞」の作成 ─中学校音楽科授業(歌唱)への新しい提案─』
著者 渡邊 史 (滋賀大学学術情報リポジトリへのリンク)
https://onl.sc/AWbpxVq

タグ 2023年公演 アフタヌーン コーヒー付 渡邊史Sop. 谷合千文Pf.