オペラサロントナカイ オペラとディナーのマリアージュ.
  • トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

新着情報

新着情報記事一覧

2022年4月18日 【ご報告&アーカイブご案内】4/14カンツォーネ・ナイト

 

花冷えの4/14(木)、『カンツォーネ・ナイト』終演しました!熱いイタリアの陽射しを感じ、爽やかな地中海の風が吹き抜けるような一夜となりました。親しみやすく情熱的なナンバーが次々と演奏されます。テノール2人、バス1人という珍しい編成だけに、超高音から重低音までそれぞれの声の特性を生かした歌唱でした。三声のハーモニーを聴かせた「フニクリ・フニクラ」「オー・ソレ・ミオ」の迫力や、ピアノ齋藤菜緒編曲のオリジナル・メドレーでは有名曲の数々で聴き応え十分!往年の「3大テノール」を思わせる楽しみ方でした(今回は一人がテノールではないですが)。またそれぞれの歌手が自分の歌唱曲について解説するスタイルでトークの内容も三人三様、伝えたい事が皆それぞれで笑いを誘いました。詳細はぜひ動画でお楽しみください。

 

 

 

 

この公演のアーカイブ動画は4月28日までご覧いただけます。ぜひご視聴ください!

 

【公演名】カンツォーネ・ナイト(ハイブリッド公演)

【アーカイブ公開期間】4月28日まで

【出 演】相山潤平(T)芹澤佳通(T)松中哲平(Bs)齋藤菜緒(P)

【チケット】視聴チケット2,000円(税込)

 

2022年4月6日 4/14(木)『カンツォーネ・ナイト』迫る!リハ―サル

春爛漫!開放的な気分で「カンツォーネ」はいかがですか?

4/14(木)公演『カンツォーネ・ナイト』まであと少し、リハーサルを行いました。今回は珍しくテノール2人とバス1人という男声ばかりで高音から低声までの編成でお届けします。

  

3人でハモって歌う「フニクリ・フニクラ」や「オーソレミオ」では、美声の実力派テノール相山潤平はメロディを高らかに歌い上げ、初出演のバス松中哲平がどっしりと低声部を支えます。3月の《清教徒》セレクションで超高音を響かせたテノール芹澤佳通は華やかなオブリガート(装飾的な声部)と、3大テノールを彷彿とさせる迫力!(3大テノールは全員譲らずメロディでした(笑))!また「帰れソレントへ」「アマポーラ」「サンタ・ルチア」等、カンツォーネの名曲を集めたメドレーもお楽しみいただきます。

 

 

 

その他ソロで「つれない心(カタリ・カタリ)」「禁じられた音楽」等、熱い熱唱をお贈りします。最初から最後まで親しみやすいカンツオーネ盛りだくさん!会場でのご鑑賞とアーカイブ付き配信がお選びいただけますので皆様のご来場、ご視聴をお待ちしております。 

 

【公演名】カンツォーネ・ナイト(ハイブリッド公演)

【公演日・ライブ配信】2022年4月14日(木) 19:15開演・配信

【アーカイブ公開期間】4月28日まで(ライブ終了後2週間)

【出 演】相山潤平(T)芹澤佳通(T)松中哲平(Bs)齋藤菜緒(P)

【会場・配信】ガルバホール新宿

【チケット】来場チケット5,000円、視聴チケット2,000円(税込)
      ご来場の際は感染対策のため「ご来場ガイドライン」に従ってご来場下さい

 

 

 

2022年4月1日 【ご報告&アーカイブご案内】3/28 二人会・ふたたび(石上朋美&渡邊史)

 桜満開の中、3/28(月)「二人会・ふたたび」公演を開催しました。会場にもライブ配信にも多くのお客様をお迎えして昼下がりの開演、1年前に行われたという2人の第1弾を経て「ふたたび」のデュオコンサートでした。

 

 プログラムは前半にモーツァルトのアリア・二重唱と恒例のお祝い、後半は春の日本歌曲、渡邊史がR.シュトラウスの歌曲「矢車菊」「夜」を、石上朋美が難曲オペラ《ノルマ》のアリア「清らかな女神」、そして二人で《ノルマ》の美しい二重唱に挑戦しました。最後は「ザ・ピーナッツ」のナンバーで最高潮に盛り上がり!オペラから歌謡曲まで、佳曲から大曲まで色とりどりで飽きることがありません。

 この2人の面白さは歌唱のみならず、曲の解説と歌唱の裏側(歌手の苦労)をチラッと覗かせるおしゃべり!ついついニヤッとしてしまう話の後の演奏に、グッと惹き込まれました。ピアノの松本康子の幅広いジャンルへの深い造詣と重厚な音楽作りで、次々に変わる曲の世界を鮮花屋に表現して聴かせました。

 

この公演のアーカイブ動画は4月11日までご覧いただけます。ぜひお楽しみください。

 

 

  

 

【公演名】二人会・ふたたび(ハイブリッド公演)

【アーカイブ公開期間】2022年4月11日(月)まで

【出 演】石上朋美(S)渡邊史(S)松本康子(P)

【チケット】視聴チケット2,000円

2022年3月24日 【ご報告&アーカイブご案内】3/16《清教徒》セレクション

 

 3/16(水) ベッリーニ《清教徒》セレクションを開催しました。典型的なプリマ・ドンナ・オペラの様式でソプラノの「狂乱の場」が特に聴きどころですが、恋人役のテノールにも全編にわたって超高音が要求され、その演奏技術の困難さでは際立ったこの作品。上演機会が少ないながらも素晴らしく甘美なベッリーニの遺作(33歳で死去)です。聴きどころのアリアと、二人で超高音を歌い上げる二重唱のみで構成、解説を交えて1時間の駆け足でお贈りしました。

 

 

 ヒロイン、エルヴィーラ役のソプラノ木田悠子は、芯のある良い響きの美声を披露、長大な「狂乱の場」のアジリタも軽やかにこなし、アリア2曲とアルトゥーロとの二重唱や、やり取りの場面を熱演しました。無垢な乙女エルヴィーラが政変で恋人を失ったと狂乱する様、正気との境目をさまよう様子なども、美しい所作が印象的でした。

 

 エルヴィーラの恋人アルトゥーロ役のテノール芹澤佳通も、おなじみの煌めく力強い高声でアリア・二重唱を甘く滑らかに歌い上げました。ハイD(五線より上のレの音)、ハイF(ファ)などテノールの音域でもなかなか登場しない超高音も、裏声でない実声で歌った瞬間にはその驚異的な技術に心を奪われました!森口賢二の解説も相まってほとんどアスリートの活躍を見るような雰囲気でしたが、無事に超高音を演奏し切った時の安堵感は、この作品ならではかもしれません。ピアノの松岡なぎさは優雅で哀愁漂うベッリーニの音楽を奏で、緊張感のある狂乱の音楽、超高音のアリアでは歌手をしっかりと支えました。

 

 当日、会場では日本字幕を表示し、物語の流れをよりなじみやすくお届けできたことと思います。

 この公演のアーカイブ動画は3月30日まで公開しております。ぜひご覧ください。

 

【公演名】ベッリーニ《清教徒》セレクション(ハイブリッド公演)

【出 演】木田悠子(S)芹澤佳通(T)松岡なぎさ(P)/ナビゲーター森口賢二

【アーカイブ公開期間】2022年3月30日(水)まで

【チケット】視聴チケット2,000円

2022年3月23日 【公演お知らせ】4/28《ドン・パスクアーレ》ハイライト(ディナー付・会場のみ)

軽快な音楽と美しいメロディの喜劇《ドン・パスクアーレ》をお贈りします。慌てふためくパスクアーレ氏に笑い、美しい愛の二重唱にうっとりする「4月の美しい夜」、ディナー付でゆっくりとお楽しみください。

【公演名】ドニゼッティ《ドン・パスクアーレ》ハイライト(会場のみ)

【公演日】2022年4月28日(木) 19:15開演

【出 演】ドン・パスクアーレ 安東玄人(Bs) エルネスト 岡坂弘毅(T)
     ノリーナ 大音絵莉(S)   マラテスタ 宮本史利(Br)
     ピアノ 伊坪淑子(P)  ナビゲーター 森口賢二

【会 場】レストラン「サン・ミケーレ」(東京都港区浜松町)

【チケット】ディナー付 10,000円、来場チケット5,000円
      感染拡大の状況によりご飲食の提供を中止する可能性があります
      ご来場の際は感染対策のため「ご来場ガイドライン」に従ってご来場下さい

 

2022年3月22日 【公演お知らせ】4/14カンツォーネ・ナイト(ハイブリッド公演)

テノールと低声バスの3人がカンツォーネ尽くしで明るくお贈りする一夜。おなじみの明るく情熱的なメロディを熱唱します。音楽でイタリア旅行の気分をお楽しみください。会場でのご鑑賞と配信のハイブリッドです。

【公演名】カンツォーネ・ナイト(ハイブリッド公演)

【公演日・ライブ配信】2022年4月14日(木) 19:15開演・配信

【アーカイブ公開期間】4月28日まで(ライブ終了後2週間)

【出 演】相山潤平(T)芹澤佳通(T)松中哲平(Bs)齋藤菜緒(P)

【会場・配信】ガルバホール新宿

【チケット】来場チケット5,000円、視聴チケット2,000円(税込)
      ご来場の際は感染対策のため「ご来場ガイドライン」に従ってご来場下さい

 

2022年2月18日 2/25(金)《イル・トロヴァトーレ》間近!リハーサル

 

 

  

来週の《イル・トロヴァトーレ》に向けてリハーサルをしました!それぞれの演奏者がヴェルディの傑作に必死に喰らいつき、自然と心が躍ります!ぜひ会場でご覧ください。

【公演名】ヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》ハイライト(会場のみ)

【公演日】2022年2月25日(金) 19:15開演

【出 演】レオノーラ 奈良原繭里(S)  マンリーコ 小野弘晴(T)
     ルーナ伯爵 野村光洋(Br)  アズチェーナ 巖淵真理(MS)
     ピアノ   前田明子    ナビゲーター 森口賢二

【会 場】レストラン「サン・ミケーレ」(東京都港区浜松町)

【チケット】ディナー付 10,000円、来場チケット5,000円
      ※ディナー付お申込み受付を2月21日(月)までに延長しました
      ご来場の際は感染対策のため「ご来場ガイドライン」に従ってご来場下さい

 

2022年2月15日 【公演お知らせ】3/16(水)夜《清教徒》セレクション 開催

超絶技巧と流麗な音楽満載のオペラ《清教徒》から主要2役の聴きどころを1時間に絞ってお届けします。聴ける機会の少ないアリア、二重唱をぜひお楽しみください。会場でのご鑑賞と配信のハイブリッドです。

【公演名】ベッリーニ《清教徒》セレクション(ハイブリッド公演)

【公演日・ライブ配信】2022年3月16日(水) 18:45開場 19:00開演・配信

【アーカイブ公開期間】3月30日(水)まで(ライブ終了後2週間)

【出 演】木田悠子(S)芹澤佳通(T)松岡なぎさ(P)/ナビゲーター森口賢二

【会場・配信】六本木シンフォニーサロン

【チケット】来場チケット4,000円、視聴チケット2,000円(税込)
      ご来場の際は感染対策のため「ご来場ガイドライン」に従ってご来場下さい

 

2022年2月9日 【公演お知らせ】3/28(月)午後『二人会・ふたたび』のお知らせ

いつになく『和』の雰囲気、ならぬソプラノ2人のデュオコンサートです。モーツァルトから季節の歌、ベッリーニのオペラまで、気の置けないおしゃべりと共にお楽しみください。会場でのご鑑賞と配信のハイブリッドです。

【公演名】二人会・ふたたび(ハイブリッド公演)

【公演日・ライブ配信】2022年3月28日(月) 14:55開場 15:15開演・配信

【アーカイブ公開期間】4月11日(月)まで(ライブ終了後2週間)

【出 演】石上朋美(S)渡邊史(S)松本康子(P)

【会場・配信】ガルバホール新宿

【チケット】来場チケット5,000円、視聴チケット2,000円(税込)
      ご来場の際は感染対策のため「ご来場ガイドライン」に従ってご来場下さい

 

2022年1月28日 【ご報告&アーカイブご案内】1/21(金)《ラ・ボエーム》ハイライト

2022年公演第1弾!1/21(金)《ラ・ボエーム》ハイライト公演、ライブ配信が終演しました!ご来場、ご視聴下さいました皆様、ありがとうございました。2組のカップルの恋に焦点を当て、ロドルフォ松岡幸汰とミミ遠藤紗千の盛り上がる恋の二重唱や、華やかなムゼッタ中川郁文に翻弄されるマルチェッロ押川浩士の好対照!別れの四重唱ではそれぞれの言い分(4役全員違う歌詞)が鳴り響き、終幕ではミミの死に涙を浮かべるお客様もいらっしゃいました。小森美穂のピアノが緩急自在な音楽で青春の輝きと悲劇を作り上げ、熱唱を支えます。森口賢二のナビゲートで聴きどころやストーリーをより分かりやすく、お楽しみいただきました。

アーカイブ配信では2/4(金)までのあと1週間、ご覧いただけます!ぜひご視聴下さい。

  

 

これ以下の写真は配信動画の画面。アップも多くて臨場感たっぷりです!配信は2/4(金)まで視聴できます。

 

【公演名】【アーカイブ】プッチーニ《ラ・ボエーム》ハイライト(ハイブリッド公演)

【アーカイブ公開期間】2月4日(金)まで(視聴申込みはその前日まで)

【出 演】ミミ 遠藤紗千(S) ロドルフォ 松岡幸汰(T) ムゼッタ 中川郁文(S)
    マルチェッロ 押川浩士(Br) ピアノ 小森美穂(P) ナビゲーター 森口賢二

【視聴チケット】2,000円

前のページ  次のページ