• トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

新着情報

新着情報記事一覧

2017年4月21日 4/27オペラinフィギュア、靴紐しっかりと!(4/24追記)

先日、4/27(木)公演『オペラinフィギュア・スケート』リハーサルを行いました!

急遽の出演となるテノール、芹澤佳通は残念ながら欠席でしたが、その他のメンバーがスケート靴のひもを締めるが如く、着々と準備を進めています。

ソプラノ遠藤とバリトン金子は得意のプッチーニ《トスカ》から、テ・デウム(Br)、歌に生き恋に生き(S)を歌います。そしてヴェルディ《ラ・トラヴィアータ》第2幕より緊張感に満ちた二重唱で、イタリアオペラをご堪能いただきます。また、石川Sと芹澤Tはフランスオペラのグノー《ロメオとジュリエット》より、私は夢に生きたい(S)、ああ昇れ太陽よ(T)をそれぞれ歌い、4人でプッチーニ《ラ・ボエーム》第3幕の四重唱「さようなら、甘い目覚めよ」を熱唱します。

ピアノの齋藤菜緒も、先日引退した浅田真央選手が滑ったピアノ曲をソロでご披露する予定で、伴奏と共に奮闘します。

その他も音楽アドヴァイザー東小野修が厳選した選曲で、フィギュア選手を華やかに舞わせた音楽たちを、解説トークを交えてお楽しみいただきます。

皆様のご来場、一同心よりお待ちしております!

 

↓左より 金子亮平Br、石川奈津子S、遠藤紗千S、齋藤菜緒P

 

急遽出演のテノール、芹澤が参加してのリハーサルも順調に行われました(4月24日追記)。

↓左より、石川奈津子S、遠藤紗千S、芹澤佳通T

 

【公演名】『オペラ in フィギュア・スケートーVol.4-』

【公演日】2017年4月27日(木)18:30開演 途中ディナータイム(コース料理)

【出演】遠藤紗千S / 石川奈津子S / 芹澤佳通T / 金子亮平Br / 齋藤菜緒P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 8,800円/1ドリンク席 5,600円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細はこちら「特別公演」ページをご覧下さい。 

 

2017年4月18日 4/27『オペラinフィギュア・スケート』出演者変更のお知らせ

次回、4月27日(木)『オペラinフィギュア・スケート』公演に出演予定のテノール 稲垣成人は、 体調不良により出演が不可能になりました。

代わりまして、テノール 芹澤佳通が出演いたします。

何卒ご了承いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

 

フィギュアのシーズン終了後、毎年恒例のオペラ伴奏曲を集めたシリーズ。今年も《ラ・ボエーム》から《カルメン》まで様々なオペラ楽曲が氷上を彩りました。音楽アドヴァイザー東小野修の解説トーク付でお贈りします。

【公演名】『オペラ in フィギュア・スケートーVol.4-』

【公演日】2017年4月27日(木)18:30開演 途中ディナータイム(コース料理)

【出演】遠藤紗千S / 石川奈津子S / 芹澤佳通T / 金子亮平Br / 齋藤菜緒P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 8,800円/1ドリンク席 5,600円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細はこちら「特別公演」ページをご覧下さい。 

2017年4月17日 ご来場ありがとうございました!《ランメルモールのルチア》

4/13(木)《ランメルモールのルチア》ハイライト公演を行いました。

桜の花びらがひらひらと舞いう温かい夕暮れ時、夜桜見物の人出で賑わう中での本番となりました。

まずは、ルチア役のソプラノ奈良原繭里。出番の多い題名役を、最初から最後まで安定した歌唱で聴かせ、華やかに盛り上げました。恋人と兄の間で翻弄されるルチアのはかない希望、物語を追うごとに悲劇へと流されていく悲しみを、目でも耳でも感じさせてくれました。最大の見せ場「狂乱の場」では、コロラトゥーラの高音技巧を連発するカデンツァ以降の後半部分にかけて、余裕を持った音色で歌いこなします。奈良原の骨太な声は音楽の叙情性をより豊かにし、正確なアジリタでより軽さを感じさせ、はかなくも力強い独特な雰囲気を創り出していました。

そしてエンリーコ役のバリトン上田誠司は、深みがありながらも突破力のある美声を聴かせました。特にルチアとの二重唱では、様々な声音を駆使してルチアを説き伏せる様子が、演技も含めて印象的な敵役を演じました。

また、このオペラの最後を飾る長大なアリアを歌うエドガルド役、テノールの松岡幸太。貴公子の優雅さを失わずに激しいアクートで高音をじっくりと響かせ、すべてを失った絶望を表現しました。

ピアノの下岡は、ダイナミックかつ安定した音楽作りで、幅広い音色から流麗・優美だけでなく勇壮さ・残忍さをも音色にふくませて、全体を物語絵巻としてまとめ上げました。

 

帰路、夜桜を眺めながらふと、ルチアのアリアのさわりを口ずさんだ方もいらっしゃったのでないでしょうか。ご来場下さいました皆様、ありがとうございました!

 

第1部終了後、左から下岡達朗P、松岡幸太T、奈良原繭里S、上田誠司Br

 

【当日のお料理】

・ノルウェー産 鮭のディルマリネ

・白魚と法蓮草のロワイヤル

・コンキッリエ入り野菜スープ

・若鶏の蒸し焼き、マレンゴ風

・パン

・チーズケーキ・フルーツ/コーヒー

 

ご来場下さいました皆様、ありがとうございました!

 

2017年4月17日 6/22 メモリアル:ビゼー《真珠採り》公演のお知らせ

《カルメン》で有名なビゼーの作品、滅多に上演されることのない演目を、恒例の追悼公演としてお贈りします。この機会にぜひご来場下さい。

 

【公演名】早川正一メモリアル:ビゼー《真珠採り》ハイライト(コンサート形式)

【公演日】2017年6月22日(木)18:30開演 途中ディナータイム(コース料理)

【出演】森 朱美S / 水船桂太郎T / 森口賢二Br / 松本康子P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 10,000円/1ドリンク席 6,600円(いずれも税込)

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

 

詳細はこちら「特別公演」ページをご覧下さい。

 

 

2017年4月7日 6/8《ラ・トラヴィアータ》ハイライト公演のお知らせ

名作オペラの上演が続きます。心が洗われるような美しくも悲劇的な愛の物語、期待の出演者たちでお届けいたします。

 

【公演名】ヴェルディ《ラ・トラヴィアータ(椿姫)》ハイライト(コンサート形式)

【公演日】2017年6月8日(木)18:30開演 途中ディナータイム(コース料理)

【出演】中村洋美S / 高柳 圭T / 野村光洋Br / 伊藤友香P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 8,800円/1ドリンク席 5,600円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

 

詳細はこちら「特別公演」ページをご覧下さい。

 

 

2017年4月4日 4/13ルチア 出だしは快調!

咲き誇る桜を愛でながら4月13日公演《ランメルモールのルチア》の初回リハーサルが行われました。

題名役のソプラノ奈良原繭里は、聴きどころだけ抜粋のハイライトのため、2曲目からほとんど出ずっぱり。そして出番の最後が「狂乱の場」というペース配分の難しい役です。狂乱の場での超絶技巧の歌唱と、幽明を彷徨う演技は、ソプラノの究極の芸ともいえます。

以前も共演しているピアノ下岡達朗とのタッグですが、何度本番を経験してもこのペース配分には気を配らなければならないそうで、まるでスポーツ選手ですね。高音のコロラトゥーラを軽々と転がしつつ、情感あふれるベルカントで歌うために、奈良原の準備は入念です!

 

当日のトップバッターは、エンリーコ役のバリトン上田誠司。激昂する兄の華やかなアリア、ルチアに結婚を強いる二重唱など、重々しくも若さを感じさせる勢いのある歌唱が楽しみです。

テノールの松岡幸太は、いつもながら輝かしい声のアクートを聴かせていました!ルチアの結婚式に乗り込む場面や、自害して果てる最終曲では音楽的な運びも充実しており、この公演の彩りをより豊かにしれくれそうです。

ピアノの下岡達朗もいつもながら、幅広く厚みのある音作りと緻密な音楽性で全体を引っ張り、歌手の細かな要望に応えていました。

終了後にはお笑い芸人、ブル〇ンちえみwithB さん風決めポーズ、似てるでしょうか?(笑) 新年度が走り始めましたが、こちらも出だし快調!今後もリハーサルが続きます。本番をどうぞお見逃しくなく。皆様のご来場をお待ちしております。

左から:上田誠司Br、奈良原繭里S、松岡幸太T、下岡達朗

 

【公演名】ドニゼッティ《ランメルモールのルチア》ハイライト(コンサート形式)

【公演日】2017年4月13日(木)18:30開演 途中ディナータイム(コース料理)

【出演】奈良原繭里S / 松岡幸太T / 上田誠司Br / 下岡達朗P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 8,800円/1ドリンク席 5,600円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細はこちら「特別公演」ページをご覧下さい。

 

 神田駅周辺の桜(4月3日撮影)

2017年3月28日 桜の木の下には・・・優美な狂乱オペラ

4月13日、次回公演《ルチア》が近づいて参りました。

この春は咲き進まないソメイヨシノにもどかしさも感じますが、この分だと公演日の東京はまだ花が残っているかもしれませんね。筆者はこの時期になると「桜の樹の下には死体が埋まっている!」という小説を思い出します。狂乱して新郎を刺し殺すルチアと、幽玄な桜の取り合わせ、美しくも背筋が寒くなる光景です。

 

さて、そんなルチア役を歌うのはソプラノ 奈良原繭里。下の動画はトップページにもございますが、2015年10月公演で奈良原が同役を勤めた時のもの(2分7秒から)。ピアニストも今回と同じく下岡達朗です。1年半が経ち、超絶技巧に磨きをかけてお届けする今回の公演、前回ご覧の方も初めての方も、奈良原の骨太な声で歌われる高音やアジリタの技術に惹きつけられることでしょう!トナカイ公演にも出演回数を重ね、さらに活動の幅を広げつつある奈良原Sの演奏をお楽しみください。

 

またルチアの恋人エドガルド役には、明るく強い響きのテノール 松岡幸太。ルチアに政略結婚を強いる兄エンリーコ役には、正統派の美声バリトン 上田誠司です。彼らが織りなす素晴らしいハーモニーにもご期待ください。

春らしい優美なベルカント・オペラで、皆様のご来場をお待ちしております!

 

【公演名】 ドニゼッティ《ランメルモールのルチア》ハイライト(コンサート形式)

【公演日】 2017年4月13日(木)18:30開演 途中ディナータイム(コース料理)

【出 演】 奈良原繭里S / 松岡幸太T / 上田誠司Br / 下岡達朗P

【チケット】 ディナー&1ドリンク席 8,800円/1ドリンク席 5,600円

【会 場】 イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細はこちら「特別公演」ページをご覧下さい。

 

2017年3月17日 『東京の夜のよりみち案内』に掲載されました

フォトグラファー・福井麻衣子さんが直接足を運び取材、「ちょっと時間ができた夜、癒されたい夜によりたいスポット」をまとめた新刊、

『東京の夜のよりみち案内』にて、トナカイ公演@サン・ミケーレが掲載されました。

よくある食事やお酒メインではなく、映画館や美術館、水族館や本屋さんなど、お仕事帰りに訪れて癒される様々なスポットの一つとしてご紹介頂きました♪

ソプラノ、西本真子の熱唱(2016年11月《マノン・レスコー》ハイライトでの取材でした)、サン・ミケーレの壮大な壁画やお料理など、美しい写真で構成されております!

その他にも個性的なお店が多く掲載されており、興味深い1冊です。

皆様、ぜひご覧ください。

 

出版元 株式会社G.B.のサイト http://www.gbnet.co.jp/

新刊「東京の夜のよりみち案内」発売しました。

発売日:2017年3月10日(金)  価格:1,600円+税

 

このところ、ガイド書籍への掲載が続いており嬉しい限りです。

昨年にはこちら↓にも掲載されました!

 

交通新聞社刊行の書籍 「散歩の達人POCKET 東京クラシック地図」 にてご紹介いただきました!2007年に出版された旧版に引き続き、名だたるコンサートホールや名曲喫茶、音楽レストランと並んで、トナカイの「サン・ミケーレ公演」が写真付き掲載されています。

トナカイ以外の情報も大変充実しており、クラシック・ファンならぜひ手元に置いておきたい1冊です。皆様、どうぞご覧ください。

【交通新聞社のサイト】

 

 

東京クラシック地図 

発売日:2016年6月30日(木)  価格:1,296円

判型:A5判 

ISBN:978-4-330-68716-2

東京とその近郊にある名曲喫茶に加え、クラシックの生演奏が聴けるレストランやバー あるいはマニアが涎を垂らしそうなレア盤を扱う中古レコード店などを紹介した『散歩の達人ブックス 東京クラシック地図』を刊行したのが平成19年。その前作をベースに9年ぶりに増補新改訂した本書ですが、・・・

http://shop.kotsu.co.jp/shopdetail/000000001890/005/002/X/page1/order/

 

2017年3月13日 ご来場ありがとうございました!テノール・ガラwithソプラノ

3/9(木)『テノール・ガラwithソプラノ-Vol.3-』公演を行いました!

今回もたくさんのお客様にお越しいただきました!テノールはいつの時代も人気者、皆様の期待を背負うヒーローですね。

さて、前半はテノール3人がごあいさつ代わりの定番アリアをお贈りし、後半ではこれぞテノール!の渾身の選曲。まず小野弘晴が歌ったマスネ《ル・シッド》より「おお裁きの主、父なる神よ」。めったに演奏される機会のない曲ですが、一心不乱に神に祈るという大変荘厳な響きは、小野の強い声によって説得力を持ち、会場内を敬虔な雰囲気に満たしました。続いて相山潤平はヴェルディ《仮面舞踏会》より「永久に君を失えば」。様式的な旋律ながらもドラマティックな展開の名曲を、高音も余裕の響きで美しく情熱的に歌い上げ、真に迫った苦悩の表現が秀逸でした。そして最年少テノール、飯沼友規はレハールのオペレッタ《微笑みの国》より「君はわが心のすべて」。憂いを含んだ親しみやすく流麗な旋律は、飯沼の輝かしい声でより印象的に光ります。

途中、ゲスト・ソプラノ奈良原繭里も登場し、オペラの「愛の二重唱」をそれぞれのテノールと1曲ずつ演奏します。《愛の妙薬》《リゴレット》《アイーダ》と、時代もスタイルも異なる3つのオペラからという難しさでしたが、それぞれ表情豊かに歌い、オペラの名シーンをお届けしました。

ピアノの神保道子は力強い演奏と深い音楽性で、見えない火花を散らすテノールたちにそれぞれの魅力を遺憾なく発揮させて、競演を盛り上げました。

アンコールは、テノールと言えば《トゥーランドット》より「誰も寝てはならぬ」"Nessun dorma"。テノール3人で歌い継ぐかと思えば、ソプラノ奈良原とナビゲーター東小野も加わって、華やかに最後を飾りました。

ご来場のお客様からには歌手の声質の違いが大変よく分かったと好評でした。テノールによる名曲3番勝負、また次回もお楽しみに!

 

終演後、左より神保道子P、奈良原繭里S、飯沼友規T、相山潤平T、小野弘晴T

 

【当日のお料理】

・シーフードのカクテル

・公魚(わかさぎ)の唐揚げの酢漬けインド風

・浅蜊とコンキッリエのトマトクリームソース

・若鶏の玉葱添え、リヨン風

・パン

・小菓子・フルーツ/コーヒー

 

ご来場下さいました皆様、ありがとうございました!

2017年3月10日 5/25《カルメン》ハイライト公演のお知らせ

超人気演目をお届けします。美しく情熱的な女カルメンと、一途すぎた男の悲劇。バラエティに富んだ音楽を迫力のパフォーマンスでお楽しみください!

 

【公演名】ビゼー 《カルメン》 ハイライト(コンサート形式)

【公演日】2017年5月25日(木)18:30開演 途中ディナータイム(コース料理)

【出演】勝倉小百合MS / 小野弘晴T / 森真奈美S / 上田誠司Br / 伊藤友香P

【チケット】ディナー&1ドリンク席 8,800円/1ドリンク席 5,600円

【会場】イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」

詳細はこちら「特別公演」ページをご覧下さい。

 

次のページ