オペラサロントナカイ オペラとディナーのマリアージュ.
  • トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

新着情報

新着情報記事一覧

2022年5月6日 【公演報告】4/28《ドン・パスクアーレ》ハイライト

GW直前の4/28(木)、《ドン・パスクアーレ》ハイライトを公演しました!ご来場下さいました皆様、ありがとうございました。

喜劇オペラの本作品、定期的に異なるキャストで公演しておりますが、毎回そのメンバーの個性が反映された内容でお贈りしています。サービス精神旺盛なアーティストたちのパフォーマンスには毎回笑いの渦が巻き起こってきました。

今回のドン・パスクアーレ氏を大らかで臆病なタイプの人間に演じたバリトン安東玄人、高低の声色を使い動きが止まらない演技に、笑いも止まりません(コロナ禍、笑い声は控えめです)。 ヒロインのノリーナを演じた大音絵莉は、美貌を存分に利用していかにも裏のありそうな雰囲気、華やかな美声でアリアと二重唱の数々を見事に歌いつつ、パスクアーレ氏をいじり倒して笑いが漏れます。 マラテスタ役のバリトン宮本史利も紳士的ながら、いかにも楽しそうに(悪そうに)計略を遂行。パスクアーレ氏の花嫁候補をうっとりと語る最初のアリアから早口の二重唱まで、余裕たっぷりで艶っぽい【大人の男】を魅せてくれました。エルネスト役の岡坂弘毅はまさに当たり役!高音の多いアリア、二重唱でしっかり声を鳴らしじっくり聴かせながら、不器用な若者を演じてくれました。緩急自在なドニゼッティの音楽を、軽快に優雅に引っ張ったピアノは伊坪淑子。ナビゲーター森口賢二の絶妙な進行で、明るく笑える楽しい一夜をお贈りしました。

 

 

 

 

 

 

【公演名】ドニゼッティ《ドン・パスクアーレ》ハイライト(会場のみ)

【公演日】2022年4月28日(木)

【出 演】ドン・パスクアーレ 安東玄人(Bs) エルネスト 岡坂弘毅(T)
     ノリーナ 大音絵莉(S)   マラテスタ 宮本史利(Br)
     ピアノ 伊坪淑子(P)  ナビゲーター 森口賢二

【会 場】レストラン「サン・ミケーレ」(東京都港区浜松町)

2022年4月28日 【公演お知らせ】5/30(月)《蝶々夫人》ハイライト

プッチーニの名作、日本を舞台にした悲劇《蝶々夫人》の登場です。愛を貫き、誇りのために死を選ぶ蝶々さん。イタリアや、日本の新国立劇場でも蝶々さん役で出演経験のあるソプラノ石上朋美の絶唱で涙を誘います。ディナー付でゆっくりとお楽しみください。

【公演名】プッチーニ《蝶々夫人》ハイライト(会場のみ)

【公演日】2022年5月30日(月) 19:15開演

【出 演】蝶々さん 石上朋美(S)  ピンカートン 所谷直生(T)
     スズキ  岡村彬子(MS)  シャープレス 高橋正尚(Br)
     ピアノ  松村優吾(P)   ナビゲーター 森口賢二

【会 場】レストラン「サン・ミケーレ」(東京都港区浜松町)

【チケット】ディナー付 10,000円、来場チケット5,000円
      感染拡大の状況によりご飲食の提供を中止する可能性があります
      ご来場の際は感染対策のため「ご来場ガイドライン」に従ってご来場下さい

 

2022年4月26日 4/28《ドン・パスクアーレ》最終リハーサル、笑顔に元気に

4/28公演《ドン・パスクアーレ》ハイライト最終リハーサルでした!本番直前、盛り上がってきた出演者の様子をご紹介します。

 

 

  

 

 

ドン・パスクアーレ役安東玄人を筆頭に、4人のキャストが絶えず動き回る目の離せない展開!軽快で優雅な音楽が満載、早口の歌に笑った後の麗しい愛の二重唱には、心が蕩けます。過去記事(↓)もぜひご覧ください。鑑賞後は爽やかな気分で、お帰りいただけること間違いなしです。

ディナーなし鑑賞のみのお席もございますのでお気軽に。来場を心よりお待ちしております。

 

【公演名】ドニゼッティ《ドン・パスクアーレ》ハイライト(会場のみ)

【公演日】2022年4月28日(木) 19:15開演

【出 演】ドン・パスクアーレ 安東玄人(Bs) エルネスト 岡坂弘毅(T)
     ノリーナ 大音絵莉(S)   マラテスタ 宮本史利(Br)
     ピアノ 伊坪淑子(P)  ナビゲーター 森口賢二

【会 場】レストラン「サン・ミケーレ」(東京都港区浜松町)

【チケット】ディナー付 10,000円、来場チケット5,000円
      感染拡大の状況によりご飲食の提供を中止する可能性があります
      ご来場の際は感染対策のため「ご来場ガイドライン」に従ってご来場下さい

 

2022年4月21日 四月の美しい夜に向けて!4/28(木)《ドン・パスクアーレ》リハーサル

先日、4/28公演《ドン・パスクアーレ》ハイライトのリハーサルを行いました!

 

 

若者が高齢の資産家男性をだまして懲らしめるという、現代ではとても褒められない物語なのですが、素晴らしい音楽で今も愛されている作品です。音楽は頭の切れるヒロイン、ノリーナの性格を映すかのようにまずは軽快に、そして優雅に、時に破壊的な早口!と様々に展開します。

騙される人=ドン・パスクアーレ役の安東玄人は自由自在な声音と大柄な体躯を使ってコミカルな演唱で、共演者も笑いが抑えられないほど!美しくもずる賢いノリーナ役、大音絵莉は華やかかつ繊細な歌唱と演技で存在感のある紅一点です。その恋人エルネスト役には当役を得意とするテノール岡坂弘毅が、ロングトーンの高音を響かせる難曲アリアを軽やかに演奏します!若い二人に橋梁するマラテスタ役にはバリトン宮本史利が参戦。裏表のある「大人の男」を艶やかで色気のある美声で歌い上げ、全体を引き締めていました。ピアノ、伊坪淑子が緩急の変化の多い作品全体をしっかりと捉えて支えます。いつもの森口賢二のナビゲートでお贈りします。

 

 

美しい春、4月のお話で今の季節にもピッタリ。春の宵、ディナーと共に楽しいオペラを楽しみませんか?座席数を制限して消毒・換気など感染症対策を行い、ディナー中のマスク会食のお願い、そしてディナー終了後の演奏中はお客様全員マスク着用等、徹底して行います。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

【公演名】ドニゼッティ《ドン・パスクアーレ》ハイライト(会場のみ)

【公演日】2022年4月28日(木) 19:15開演

【出 演】ドン・パスクアーレ 安東玄人(Bs) エルネスト 岡坂弘毅(T)
     ノリーナ 大音絵莉(S)   マラテスタ 宮本史利(Br)
     ピアノ 伊坪淑子(P)  ナビゲーター 森口賢二

【会 場】レストラン「サン・ミケーレ」(東京都港区浜松町)

【チケット】ディナー付 10,000円、来場チケット5,000円
      感染拡大の状況によりご飲食の提供を中止する可能性があります
      ご来場の際は感染対策のため「ご来場ガイドライン」に従ってご来場下さい

2022年4月20日 【公演お知らせ】5/17(火)スパークリング・ガラ(若手特集)

気鋭の若手歌手3人によるオペラ・ガラをお贈りします。大舞台での活躍も見られるようになりブレイク寸前!の逸材揃い。未来のオペラ界を担う彼らが歌う今、精いっぱいのオペラアリア、二重唱をお楽しみください。応援ご支援、よろしくお願いいたします!

【公演名】スパークリング・ガラコンサート2022(ハイブリッド公演)(ハイブリッド公演)

【公演日・ライブ配信】2022年5月17日(火) 19:15開演・配信

【アーカイブ公開期間】5月31日まで(ライブ終了後2週間)

【出 演】米田七海(S)北薗彩佳(MS)市川宥一郎(Br)
     岩崎能子(P) ナビゲーター 森口賢二

【会場・配信】ガルバホール新宿

【チケット】来場チケット5,000円、視聴チケット2,000円(税込)
      ご来場の際は感染対策のため「ご来場ガイドライン」に従ってご来場下さい

 

2022年4月18日 【ご報告&アーカイブご案内】4/14カンツォーネ・ナイト

 

花冷えの4/14(木)、『カンツォーネ・ナイト』終演しました!熱いイタリアの陽射しを感じ、爽やかな地中海の風が吹き抜けるような一夜となりました。親しみやすく情熱的なナンバーが次々と演奏されます。テノール2人、バス1人という珍しい編成だけに、超高音から重低音までそれぞれの声の特性を生かした歌唱でした。三声のハーモニーを聴かせた「フニクリ・フニクラ」「オー・ソレ・ミオ」の迫力や、ピアノ齋藤菜緒編曲のオリジナル・メドレーでは有名曲の数々で聴き応え十分!往年の「3大テノール」を思わせる楽しみ方でした(今回は一人がテノールではないですが)。またそれぞれの歌手が自分の歌唱曲について解説するスタイルでトークの内容も三人三様、伝えたい事が皆それぞれで笑いを誘いました。詳細はぜひ動画でお楽しみください。

 

 

 

 

この公演のアーカイブ動画は4月28日までご覧いただけます。ぜひご視聴ください!

 

【公演名】カンツォーネ・ナイト(ハイブリッド公演)

【アーカイブ公開期間】4月28日まで

【出 演】相山潤平(T)芹澤佳通(T)松中哲平(Bs)齋藤菜緒(P)

【チケット】視聴チケット2,000円(税込)

 

2022年4月6日 4/14(木)『カンツォーネ・ナイト』迫る!リハ―サル

春爛漫!開放的な気分で「カンツォーネ」はいかがですか?

4/14(木)公演『カンツォーネ・ナイト』まであと少し、リハーサルを行いました。今回は珍しくテノール2人とバス1人という男声ばかりで高音から低声までの編成でお届けします。

  

3人でハモって歌う「フニクリ・フニクラ」や「オーソレミオ」では、美声の実力派テノール相山潤平はメロディを高らかに歌い上げ、初出演のバス松中哲平がどっしりと低声部を支えます。3月の《清教徒》セレクションで超高音を響かせたテノール芹澤佳通は華やかなオブリガート(装飾的な声部)と、3大テノールを彷彿とさせる迫力!(3大テノールは全員譲らずメロディでした(笑))!また「帰れソレントへ」「アマポーラ」「サンタ・ルチア」等、カンツォーネの名曲を集めたメドレーもお楽しみいただきます。

 

 

 

その他ソロで「つれない心(カタリ・カタリ)」「禁じられた音楽」等、熱い熱唱をお贈りします。最初から最後まで親しみやすいカンツオーネ盛りだくさん!会場でのご鑑賞とアーカイブ付き配信がお選びいただけますので皆様のご来場、ご視聴をお待ちしております。 

 

【公演名】カンツォーネ・ナイト(ハイブリッド公演)

【公演日・ライブ配信】2022年4月14日(木) 19:15開演・配信

【アーカイブ公開期間】4月28日まで(ライブ終了後2週間)

【出 演】相山潤平(T)芹澤佳通(T)松中哲平(Bs)齋藤菜緒(P)

【会場・配信】ガルバホール新宿

【チケット】来場チケット5,000円、視聴チケット2,000円(税込)
      ご来場の際は感染対策のため「ご来場ガイドライン」に従ってご来場下さい

 

 

 

2022年4月1日 【ご報告&アーカイブご案内】3/28 二人会・ふたたび(石上朋美&渡邊史)

 桜満開の中、3/28(月)「二人会・ふたたび」公演を開催しました。会場にもライブ配信にも多くのお客様をお迎えして昼下がりの開演、1年前に行われたという2人の第1弾を経て「ふたたび」のデュオコンサートでした。

 

 プログラムは前半にモーツァルトのアリア・二重唱と恒例のお祝い、後半は春の日本歌曲、渡邊史がR.シュトラウスの歌曲「矢車菊」「夜」を、石上朋美が難曲オペラ《ノルマ》のアリア「清らかな女神」、そして二人で《ノルマ》の美しい二重唱に挑戦しました。最後は「ザ・ピーナッツ」のナンバーで最高潮に盛り上がり!オペラから歌謡曲まで、佳曲から大曲まで色とりどりで飽きることがありません。

 この2人の面白さは歌唱のみならず、曲の解説と歌唱の裏側(歌手の苦労)をチラッと覗かせるおしゃべり!ついついニヤッとしてしまう話の後の演奏に、グッと惹き込まれました。ピアノの松本康子の幅広いジャンルへの深い造詣と重厚な音楽作りで、次々に変わる曲の世界を鮮花屋に表現して聴かせました。

 

この公演のアーカイブ動画は4月11日までご覧いただけます。ぜひお楽しみください。

 

 

  

 

【公演名】二人会・ふたたび(ハイブリッド公演)

【アーカイブ公開期間】2022年4月11日(月)まで

【出 演】石上朋美(S)渡邊史(S)松本康子(P)

【チケット】視聴チケット2,000円

2022年3月24日 【ご報告&アーカイブご案内】3/16《清教徒》セレクション

 

 3/16(水) ベッリーニ《清教徒》セレクションを開催しました。典型的なプリマ・ドンナ・オペラの様式でソプラノの「狂乱の場」が特に聴きどころですが、恋人役のテノールにも全編にわたって超高音が要求され、その演奏技術の困難さでは際立ったこの作品。上演機会が少ないながらも素晴らしく甘美なベッリーニの遺作(33歳で死去)です。聴きどころのアリアと、二人で超高音を歌い上げる二重唱のみで構成、解説を交えて1時間の駆け足でお贈りしました。

 

 

 ヒロイン、エルヴィーラ役のソプラノ木田悠子は、芯のある良い響きの美声を披露、長大な「狂乱の場」のアジリタも軽やかにこなし、アリア2曲とアルトゥーロとの二重唱や、やり取りの場面を熱演しました。無垢な乙女エルヴィーラが政変で恋人を失ったと狂乱する様、正気との境目をさまよう様子なども、美しい所作が印象的でした。

 

 エルヴィーラの恋人アルトゥーロ役のテノール芹澤佳通も、おなじみの煌めく力強い高声でアリア・二重唱を甘く滑らかに歌い上げました。ハイD(五線より上のレの音)、ハイF(ファ)などテノールの音域でもなかなか登場しない超高音も、裏声でない実声で歌った瞬間にはその驚異的な技術に心を奪われました!森口賢二の解説も相まってほとんどアスリートの活躍を見るような雰囲気でしたが、無事に超高音を演奏し切った時の安堵感は、この作品ならではかもしれません。ピアノの松岡なぎさは優雅で哀愁漂うベッリーニの音楽を奏で、緊張感のある狂乱の音楽、超高音のアリアでは歌手をしっかりと支えました。

 

 当日、会場では日本字幕を表示し、物語の流れをよりなじみやすくお届けできたことと思います。

 この公演のアーカイブ動画は3月30日まで公開しております。ぜひご覧ください。

 

【公演名】ベッリーニ《清教徒》セレクション(ハイブリッド公演)

【出 演】木田悠子(S)芹澤佳通(T)松岡なぎさ(P)/ナビゲーター森口賢二

【アーカイブ公開期間】2022年3月30日(水)まで

【チケット】視聴チケット2,000円

2022年3月23日 【公演お知らせ】4/28《ドン・パスクアーレ》ハイライト(ディナー付・会場のみ)

軽快な音楽と美しいメロディの喜劇《ドン・パスクアーレ》をお贈りします。慌てふためくパスクアーレ氏に笑い、美しい愛の二重唱にうっとりする「4月の美しい夜」、ディナー付でゆっくりとお楽しみください。

【公演名】ドニゼッティ《ドン・パスクアーレ》ハイライト(会場のみ)

【公演日】2022年4月28日(木) 19:15開演

【出 演】ドン・パスクアーレ 安東玄人(Bs) エルネスト 岡坂弘毅(T)
     ノリーナ 大音絵莉(S)   マラテスタ 宮本史利(Br)
     ピアノ 伊坪淑子(P)  ナビゲーター 森口賢二

【会 場】レストラン「サン・ミケーレ」(東京都港区浜松町)

【チケット】ディナー付 10,000円、来場チケット5,000円
      感染拡大の状況によりご飲食の提供を中止する可能性があります
      ご来場の際は感染対策のため「ご来場ガイドライン」に従ってご来場下さい

 

前のページ  次のページ