オペラサロントナカイ オペラとディナーのマリアージュ.
  • トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

アーティスト

テノーレ・リリコ(Tenore Lirico) 村上 公太

Kota Murakami

プロフィール

東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。新国立劇場オペラ研修所第6期修了。第73回読売新人演奏会出演。文化庁在外派遣研修員としてイタリア・ボローニャへ留学。ボローニャにて研鑽を積む。イタリア・トラーパニにて行われたジュゼッペ・ディ・ステーファノ国際コンクールにおいてリゴレットのマントヴァ公爵役を獲得し出演。新国立劇場では文化庁主催10周年記念コンサート(皇太子殿下、雅子妃殿下御前演奏)。プッチーニ『ラ・ボエーム』パルピニョール。ワーグナー『パルジファル』聖杯守護の騎士。ヨハン・シュトラウス『こうもり』アルフレード。リヒャルト・シュトラウス『ばらの騎士』ファーニナル家の執事。二期会公演ではプッチーニ『トゥーランドット』ポン。ヴェルディ『マクベス』マルコム。カールマン『チャルダーシュの女王』ボニ(日本語訳詞上演)。R・シュトラウス『ダナエの愛』ポルクス等を演じた。その他第九、ミサ、レクイエム等のソリストとしても活躍中。近年はシンガポール・リリック・オペラにてプッチーニ『ラ・ボエーム』ロドルフォ、モーツァルト『魔笛』タミーノ、リヒャルト・シュトラウス『サロメ』ナラボート、ヴェルディ『椿姫』アルフレードと立て続けに出演し現地にて好評を博した。2015年3月には西武プリンスドームにてプロ野球開幕戦の国歌独唱もつとめた。フジテレビ系痛快TV スカッとジャパン出演。東京音楽大学オペラ研究員。二期会会員。