オペラサロントナカイ オペラとディナーのマリアージュ.
  • トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

アーティスト

バリトン(Baritone) 小林 由樹

Yoshiki Kobayashi

最近のトナカイ公演出演
2019年8月29日《ラ・トラヴィアータ(椿姫)》ハイライト(ジェルモン役)

プロフィール

国立音楽大学卒業。日本音楽コンクール3年連続入選。イタリア声楽コンコルソ金賞受賞。
オペラサロン・トナカイには1997年にデビュー。『魔笛』パパゲーノ、『こうもり』フランク、サルスエラシリーズ『ルイーザ・フェルナンダ』ビダール、『ラパビエスの理髪師』ドン・ファン役などで出演。その間、日本オペレッタ協会に『メリー・ウィドウ』カスカーダ子爵役にてデビューし、同協会の舞台に度々出演、歌役者としての基礎を学んだ。その後、東京オペラプロデュース『カプリッチョ』伯爵、『ロメオとジュリエット』メルクシオなどでオペラの舞台に出演。2004年からは新国立劇場に活躍の場を広げ、『カルメン』エスカミーリォ、『カヴァレリア・ルスティカーナ』アルフィオ、『ばらの騎士』ファーニナルなどの主要な役で出演を続けている。また、イギリス「バクストン・オペラ・ハウス」で開催される、「ギルバート&サリヴァン・フェスティヴァル」に参加し『ミカド』ピシュ・タシュ、『コックス&ボックス』バウンサー軍曹役にて、コメディーの本場で大喝采を浴びた。
コンサートの分野では『第九』、『メサイア』、『カルミナ・ブラーナ』などのバリトンソリストを務めている。
これまでに松本美和子、ジャンフランコ・パスティネ、アッリーゴ・ポーラ、渡辺誠、田口興輔、藤巻信夫の各氏に師事。二期会会員、日本演奏連盟会員(2019.5)