オペラサロントナカイ オペラとディナーのマリアージュ.
  • トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

アーティスト

Bass 大塚 博章

Hiroaki Otsuka

最近のトナカイ公演出演
2019年2月7日 《ワルキューレ》《ジークフリート》ハイライト

プロフィール

北海道出身。玉川大学芸術学科音楽専攻卒業。日本クラシック音楽コンクール最高位。日伊声楽コンコルソ第3位。文化庁派遣芸術家在外研修員としてドイツに留学。ヴォルフガング・ブレンデル氏に指導を受ける。東京二期会ではこれまでに「皇帝ティトの慈悲」「ジャンニ・スキッキ」「椿姫」「蝶々夫人」に出演し、近年では「魔笛」のザラストロ、「トゥーランドット」のティムール、「ドン・ジョヴァンニ」のレポレッロ、「パルジファル」のティトゥレル、「ホフマン物語」のクレスペル等の役で出演している。特にバス役として難役中の難役「ばらの騎士」のオックス男爵役では高い評価を受けた。新国立劇場ではこれまでに「サロメ」「黒船」「カルメン」「ドン・カルロ」「マノン・レスコー」、最近は「ジークフリート」さすらい人、「トスカ」シャルローネで出演。このシーズンは「タンホイザー」ラインマル、「ジャンニ・スキッキ」シモーネ役で出演する。世界的指揮者ヴラディーミル・アシュケナージ、ミハイル・プレトニョフ式による「不死身のカシュチェイ」に唯一の日本人キャストとして出演し両マエストロより豊かな声質とロシア語の確かさを評価された。ワーグナー楽劇では「ワルキューレ」のヴォータン、「神々の黄昏」のハーゲン、「パルシファル」のグルネマンツに出演し、他にも重い声質と幅広い音域を活かし「ドン・ジョバンニ」のタイトルロール、「トスカ」のスカルピア、「ホフマン物語」の悪役四役など数多く出演。東京二期会会員。(2018.11)