オペラサロントナカイ オペラとディナーのマリアージュ.
  • トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

アーティスト

ソプラノ・リリコ・レッジェーロ(Soprano Lirico Leggero) 熊田 祥子

Shoko Kumada

プロフィール

石川県出身。
東京学芸大学卒業、同大学院修了。
2006年、第17回京都フランス音楽アカデミーにてスカラシップ賞、フジテレビKBK賞を受賞、同年秋よりパリ・エコールノルマル音楽院に奨学生として留学。マルセイユ・フランス国立オペラ研修所修了。
2011年ジュネーブ国際音楽コンクール声楽部門に日本人として唯一出場。2013年ベラン国際音楽コンクール声楽部門第2位。
2010年にはマルセイユ、アヴィニョン両オペラ座でのヘンゼルとグレーテルに露の精役で出演。2011年、カンヌ大劇場に於いてWolfgang Doerner指揮、カンヌオーケストラと、モーツァルト・戴冠ミサのソプラノソロで共演。
フランス、イタリア、イギリス等ヨーロッパ各地でのコンサート、フェスティバルに多数出演し好評を博す。
国内ではオーケストラとの共演も多く、ラ・フォル・ジュルネ金沢および東京などの公演に多数出演。
これまで藤岡幸夫、井上道義、山田和樹、鈴木織衛、三ツ橋敬子各氏の指揮でソリストとして出演。
2015年、沼尻竜典氏指揮、栗山昌良氏演出のびわ湖ホールオペラ・竹取物語でかぐや姫役、幸田浩子氏のカヴァーキャストを務める。(2016.8)