• トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

アーティスト

テノール・リリコ(Tenor Lirico) 倉石 真

Makoto Kuraishi

プロフィール

東京藝術大学声楽科卒業、同大学院修了。芸大定期「コシ・ファン・トゥッテ」でデビュー。イタリア・ボローニャに留学。モンテプルチアーノ音楽祭、日生劇場「ジャンニ・スキッキ」、東京室内歌劇場「井筒の女」、藤沢市民オペラ「メリーウィドウ」「カヴァレリア・ルスティカーナ」、横浜シティオペラ「愛の妙薬」、新国立劇場「カルメン」「ラ・ボエーム」「黒船」「軍人たち」、ギルバート&サリヴァン音楽祭(英)、パリ「夕鶴」、ジェノヴァ歌劇場(伊)「トゥーランドット」、東京音楽大学105周年オペラ「ラ・ボエーム」、東京・春・音楽祭「ファルスタッフ」他に出演。2014年新演出「夕鶴」(佐藤しのぶ:主演、現田茂夫:指揮、市川右近:演出、千住博:美術、森英恵:衣裳)の与ひょう役で全国9公演に出演し歌唱、演技ともに絶賛された。2月はトリエステ歌劇場「蝶々夫人」全6回公演に、9月は京都二条城におけるボローニャ歌劇場日伊共同制作「蝶々夫人」、オーチャード・ホールにおける同歌劇場管弦楽団プッチーニ・ガラコンサートに出演。今年1月は横浜シティオペラ「魔笛」のタミーノ役で好評を得た。東京音楽大学講師。日本声楽アカデミー会員。(2015.8.31)