オペラサロントナカイ オペラとディナーのマリアージュ.
  • トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

アーティスト

バリトン・リリコ(Bariton Lirico) 立花 敏弘

Toshihiro Tachibana

プロフィール

東京都出身。国立音楽大学声楽学科卒業。‘91年から‘93年までイタリア・ミラノに留学。カルロ・メリチャーニ氏に師事し、彼の主催するスクオーラを最優秀の成績で卒業。‘97年1月熊本シティ・オペラ10周年記念公演「運命の力」ドン・カルロ役で絶賛を博し、オペラデビューを飾る。同年9月には「カルメン」モラレス役で藤原歌劇団本公演にデビュー。新国立劇場には‘01年「ドン・カルロ」フランドルの使節団、‘02年「カルメン」モラレス役で出演。‘04年1月日本オペラ団体連盟人材育成オペラ公演「ヘンゼルとグレーテル」父ペーター、‘05年のメノッティ「電話」、ヴォルフ=フェッラーリ「スザンナの秘密」などの室内オペラや‘07年の「魔笛」パパゲーノ、‘09年の「ジャンニ・スキッキ」では、その抱腹絶倒の演技力も注目を集めた。その他では「トスカ」スカルピア、「蝶々夫人」シャープレス、「ラ・ボエーム」マルチェッロ、「妖精ヴィッリ」グリエルモ、「エドガール」(‘06年5月日本初演)のフランク、「リゴレット」「ナブッコ」タイトルロール、「椿姫」ジェルモン、「カルメン」エスカミーリョ、「パリアッチ」シルヴィオ、「カヴァレリア・ルスティカーナ」アルフィオ等をレパートリーとして多数のオペラに出演。
コンサートにおいても、各地でベートーベン「第九」のソロや、マーラーの「さまよえる若人の歌」などオーケストラと共演し、好評を得ている。
一方ではスタジオの録音にも定評があり、ディズニー「ポカホンタス1」スミス、「眠れる森の美女」王子様の歌部分の吹き替え等がある。
藤原歌劇団団員。玉川大学非常勤講師。(2014.09)