• トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

アーティスト

テノール・リリコ・レッジェーロ(Tenor Lirico Leggiero) 渡辺 大

Dai Watanabe

プロフィール

明治大学を経て東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院修士課程(オペラ)修了。オペラでは藝大定期『ファルスタッフ』バルドルフォでデビュー。その後新国立劇場オペラ研修所修了公演では同役で助演した。'14ジャパンアーツ「夕鶴」公演では、与ひょう役のカヴァーを務めている。'13年東京文化会館にて三枝成彰『KAMIKAZE-神風-』世界初演(新日本フィルハーモニー 大友直人指揮)に山口耕太少尉役で出演。音楽の友誌ほかで好評を博した。これまで『魔笛』タミーノ、『イドメネオ』イダマンテ、『愛の妙薬』ネモリーノ、『真珠採り』ナディール、『イル・カンピエッロ』ドナ・カーテ、『マノン・レスコー』エドモント等で出演。ソリストとしては'12年サントリーホールにて武蔵野合唱団、日本フィルハーモニー(小林研一郎指揮)とヴェルディ「レクイエム」で共演した他、モーツァルト「レクイエム」、「戴冠式ミサ」、ベートーヴェン「第九交響曲」、ヘンデル「メサイア」等に出演。外務大臣主催天皇誕生日祝賀レセプションにての国歌独唱など幅広く活躍している。日本声楽アカデミー会員。啓声会会員。オペラアカデミーin S.アマデウス研修生。(2014.03)