オペラサロントナカイ オペラとディナーのマリアージュ.
  • トップページ 
  • 公演案内
  • 過去の公演
  • アーティスト
  • 出張公演
  • トナカイのご紹介
  • ご予約
  • お問合せ

アーティスト

メゾ・ソプラノ・リリコ(Mezzo Soprano Lirico) 巖淵 真理

Mari Iwabuchi

プロフィール

国立音楽大学ピアノ科卒業。同大学院オペラコース修了。新国立劇場オペラ研修所第1期修了。文化庁芸術在外研修員として渡伊。ルイーザ・マラリアーノ女史の元で研鑽を積む。
イタリア、サンタマルゲリータ・リグレ・オペラフェスティバルにて「蝶々夫人」スズキ役、「イル・トロヴァトーレ」アズチェーナ役でジェノヴァ・カルロ・フェリーチェ劇場のアウディトリウムにてシーズン公演、「コシ・ファン・トゥッテ」(ドラベッラ役・全6回)、その後アッルイージオ氏による「グランデオペラ」(全12回)にも出演。イル・セーコロ紙に「信頼の持てる歌い手」と好評を博す。主なオペラ出演は、「アイーダ」(アムネリス)、「イル・トロヴァトーレ」(アズチェーナ)、「仮面舞踏会」(ウルリカ)、「ナブッコ」(フェネーナ)、ベッリーニ「ノルマ」(アダルジーザ)、プッチーニ「修道女アンジェリカ」(公爵夫人)、「蝶々夫人」(スズキ)、等オペラの舞台で欠かせない存在感を示している。紀尾井ホールで上演された、寺嶋陸也作曲オペラ「末摘花」に叔母役、郵船クルーズ「飛鳥Ⅱ」メインステージなど活躍の場を広げている。地元である練馬区のIMAホールでは定期的にホール主催によるリサイタル、クリスマスコンサートに出演、多くのファンから支持を得ている。ポンティンブレア国際声楽コンクール及びヴィアレッジョ国際声楽コンクール第2位受賞。二期会会員。(2014.03)
巖淵真理オフィシャルブログ:http://iwabuchimari.blog50.fc2.com/